「COSTA」が生まれるまで。「COSTA」から生まれるもの。

江ノ電七里ガ浜駅から徒歩数分。国道134号線を挟んで海に面した絶好の場所に、レストラン・バー「DoubleDoors」は軒を構える。夕暮れ時には、海に沈む夕陽を店先から見ることができる。


去る11月28日(土)、その「DoubleDoors」で一つのパーティー・イベントが開かれた。その名は「COSTA」。スペイン語で「浜辺」を意味するイベント名は、まさにこの場所ならではのものだ。イベントを取りまとめるのは、DJ兼プロデューサー、オーガナイザーのshibaさんだ。


shibaさんは、江ノ島展望灯台で開催される屋外のライブ&DJイベント「Freedom Sunset」を手掛けている。2003年、江ノ島灯台のリニューアルを機に始まったこのイベントは、「夕陽と音楽を一度に楽しめる」イベントして好評を博している。開催は、5月・8月・9月の年3回。2009年には、1日あたりの来場者数は1,000人を超え、熱狂的なファンも多い。


「美しい夕陽と音楽」と言えば、スペイン・イビサ島のカフェ・バー、「Cafe del Mar(カフェ・デル・マー)」のパーティーが世界的に有名だ。日本で「Cafe del Mar」をイメージしたパーティーを開きたいと、かねてから思っていたshibaさんは、同じ思いを抱いていた「DoubleDoors」のメンバーとSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を通じて知り合った。そして、「Freedom Sunset」と「DoubleDoors」がコラボレーションする形で、「COSTA」が開催することとなった。


shibaさんが、「COSTA」を通じて実現したいこと。それは、人が集まり、人がつながり、そこから何か新しいものを生み出す仕掛け作りだ。湘南界隈には、ミュージシャン・グラフィックデザイナー・服飾デザイナー・カメラマン・建築家など、クリエイティブな仕事に携わるさまざまな人がいる。にもかかわらず、ここから何も生まれてこない現状に、shibaさんは大きな不満を抱いていた。人が交わる有機的な「場」を作り、変化を生み出していきたい。それが「COSTA」にかけるshibaさんの思いだ。


「本当は夕陽の見える時間帯にやりたいんだけど……」


季節は冬真っ只中。開催時刻の17時には太陽はすっかり沈んでしまっている。だが、太陽はなくとも、このイベントに込める思いは変わらない。太陽を補ってあまりある映像と音楽がある。人がいる。


ここから何が生まれるか……。

それは、イベントを続けてこそ見えてくる。その第一幕は、いま確かに始まった。


text : 萱原 正嗣(TIDE編集部)
photo : corcovado inc.

"Freedom Sunset x Double Doors" COSTA 01: Freedom Sunset

 

"Freedom Sunset x Double Doors" COSTA 02: Mash Up

 


RSS


ページトップ

Cpyright 2010 corcovado inc. All Right Reserved